2009.07.05

明治の奈良コボレ話(1)

安達正興のハード@コラムより

明治の奈良コボレ話(1)
〈 2009年 6月 24日 水曜日 )

●幕末奈良の高い文化度
江戸時代の奈良まちは幕府直轄領だったので、現在の知事にあたる奈良奉行は将軍が任命して赴任してくる。そのなかでズバぬけて能吏であったのが川路聖謨である。奈良では異論ナシの伝承である。謨幕末の一時期、六年間を奈良奉行に赴任した川路聖謨が日記に奈良の民度の高さに驚いている様子が書かれている。

『奈良の土地の者は八百屋豆腐屋までも謠つつみ(鼓)というわけ故に、男女老少の別なくみなさる楽(能狂言)をおもしろくおもひ居る也、風俗といふものは不思議なるもの也』(弘化三年十一月)
『門番が茶の湯をするなどつけあがりしたること也。十人よりては四五人はうた(短歌)をよむ也』(嘉永二年七月)

町人ごときが歌を詠み能楽を舞うとは生意気な、こしゃくなり。と、川路聖謨の憮然とした顔がうかぶようだ。明治維新後はしばらく、四年から十年頃にかけては廃物希釈の影響で寺社仏閣が荒れ、大和の政治、社会、奈良町の状況は沈滞した雰囲気に覆われた。奈良に関しては廃藩置県がおちつかず、奈良県が堺県に併合されたり大阪府に併呑されたり、最終的に明治二十年、奈良県が再設置されるまで明治政府が奨励した殖産運動は進まなかった。

●名妓「歌鶴」
廃仏毀釈の項で後述するが「こぼちや」といういまの地上げ屋より乱暴な連中、多くは藩を追われた浪人グループが空き家を壊し、廃寺の古木古瓦を集めて売り捌いた。町中に草ぼうぼうの空き地ができ、灯火が消えた冬の夜ともなれば狐狸が出没するほどに荒れはてたという。だが総体的には町人生活が特に暗い雰囲気であった様子はない。遊郭の灯火が消える事はなかった。

沈滞したといわれるこの最中に奈良まち木辻遊郭「萬玉楼」の名妓「歌鶴」をめざして奈良町の権門(有力者)たちが列をなしたと古書にある。興福寺の僧侶はみな春日の神官に転職願いを出し、還俗するものに一時金五十円が支給された。それをを懐にハレて肉食女犯に出かけたはよいが、置屋に入り浸って使い果たした僧侶がすくなからずいたという。良い悪いは別にして、いつの世にもふしぎに楽観的なまちである。明治初期、奈良まちの人口は約四万五千人、奈良県の人口は四二万人であった。(了)

|

2007.03.15

アメリカ、住宅用サラ金破綻

安達正興のハード@コラム !です。第976回目。

●サブプライム・住宅ローン
アメリカでは、再度、NYSEが落ちて日欧に波及。したかとおもうともうリバウンド。住宅業界だけが米産業でなし、米経済の総体はわるくないと、そうかしらね〜?ポールソン財務長官はこの業界が底をついて一段落すると楽観的ですが、そうするとまだ数回は株価急落があるわけです。しかし住宅産業には関連する業種が多く潰れるとところも出るだろう。そういう懸念をポールソン長官は話さない。

さて、倒産するか身売りするだろうセンチュリーという住宅ローンの会社、これカリフォルニアに本社のあるノンバンクですがTVで見ると、そのビルのリッパ、威容であることよ。この会社がやっていたサブプライム貸し付け(Subprime Loan)というのは担保なし・元金なしでも高金利で住宅資金を提供する。本社ビルはエンロンのごとく就職したら自慢になるような貫禄大企業だが、ン、なんちゅうことはない。額の大きいサラ金やさんなのです。

●住宅バルブ萎む
2000年から2005年にかけて住宅業界が好調だったころ、投資ブーむとして借金で家を建てたはいいが、予定していたように貸家にして家賃をとるもくろみがhじゃずれ、転売もままならなくなった。よってローン返済ができなくなった。

貸し付ける方は商売続行だから、返済が危ぶまれる古い安アパートに住む移民さんや下働きの黒人さんにまで一戸建ての夢を与えてセールスに励んだ。いつか来た道、悪循環の道である。はじめてセールスされた新客層は貸してくれるんだからとびつきます。彼らはほとんど返済できないでいる。これはもう貸し付ける方がワルイ!

●破綻のゼロサムゲーム
でもまあ、そうやって自分の家を建ててしまった人は幸いである。住人の権利があって居座っていられるのだから逃げ切りだ。こういうゲームは借り手である焦げ付かせた輩がバブルの勝ち組であろう。いまとなっては厳しい貸し出しの新ルールに阻まれて、住宅ローンがくめないでいる低所得者が負け組か。

センチュリーのような住宅金融は他にもたくさんあり、軒並みに株価が半減している。やはり親元は名だたる銀行、Morgan Stanley, Credit, UBS, Goldman Sachs, Merrill Lynchなどから資金を得ている。センチュリーのように親銀行から融資をストップされ、経営が危ぶまれる住宅ローン社は水面下かなりありそうだ。(了)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.08.03

ニュースの移行が完了

 ニュースの移行が完了しました。
 ココログは相変わらず、、、、ばか。

 しかし、これを使った「自分的ニュース」を再開することになりました。さても、ヒトとよく付き合う事によって人生面白いのではと思います。目の前を行き過ぎるだけの話しが多いのですが、それをひょいと掴んで食べてみる?ン、結構美味しいときがある。ほんまか。だから、ちょっとずつ一日イッコ。
 それと、ヒトコマ的におもしろくしたいと。これもよし。
 ほかのサイトで、ヒトコマ漫画を始めます。人駒マンガ、一独楽まんが。難しいのは苦手ですので、バカ笑いの出来る、クスっと笑える、苦笑いのでる。毒が混ざって笑えないのも、ありと、。(^.^ゝ
 ココログでは、自分的ニュースを載せて行きます。
 しばらく、休んでいたので、ぼちぼち出稿です。
 そんな時間があるうちが華と、ない脳細胞にむち打ってアイデアの汁を絞り出しますル。(^-^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.05

米Kodak、2つのレンズを搭載したコンパクトデジカメ「V570」

米Eastman Kodakは2日(現地時間)、レンズとCCDを2セット搭載したコンパクトデジタルカメラ「EASYSHARE V570 zoom」を発表した。1月に発売され、米国での店頭予想価格は399.95ドル。日本での発売は未定。

●デジカメWatch
●ITmedia
●Kodak
● コダック株式会社
[レリースNo.06-001DAI]


さすがコダック、このアイデア。いかにもって感じです。やればできるじゃん、ってほめてあげたい。日本のデジカメ業界も当たり前のものばかりじゃだめでしょ。もっと、脳みそしぼりだせって。(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.29

「宇宙エレベーター」空中昇降テストに成功

宇宙エレベーターには、米航空宇宙局(NASA)も注目し、関連技術開発の援助・促進を行なっている。今年3月には、宇宙エレベーターに利用可能な超軽量で丈夫な鋼鉄ロープの発明者に最高で10万ドルを贈る懸賞プログラムを発表。さらに4月には、ライス大学によるカーボン・ナノチューブを用いた電線の開発に1100万ドルの資金を提供すると発表した

●WIRED NEWS

いよいよ本気ですね。実現したら面白い事になる。歩いて宇宙まで、、、。まさか歩いては行けないけれども、宇宙へ行くための過酷な訓練をする必要がなくなるわけです。予算をもっと出しなはれ。日本政府も金出しなはれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.17

マトリョーシカとテルミン合体、マトリョミン

マトリョミンはロシアで発明された最古の電子楽器「テルミン」の機能を、ロシアの有名な民芸品「マトリョーシカ」に収めた、マンダリンエレクトロンのオリジナル電子楽器です。マトリョーシカのフォルムを一切損ねることなく4オクターブ以上の発音域を有しております。低~中音域にかけてはEthewavethereminと同等の1オクターブ距離を実現しました。Etherwavethereminでテルミンの基本的な演奏法を習得された方には、同様の演奏法でマトリョミン演奏をお楽しみいただけます。

●マトリョミン
●マトリョミン演奏ビデオ

テルミンは最古の電子楽器ですが、テレビドラマ「トワイライトゾーン」やSF映画などでよく使われてました。ワテも子どもの頃、ラジオのチューニングノイズで、音楽できないかとか考えたこともありましたが、その頃にはすでに作られていたのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.21

ネバダ州の砂漠で「模擬核爆発」イベント

 ネバダ州ピラミッド湖発――史上初の原爆実験が行なわれてから60年にあたる今年、核兵器がいまだに存在し続けていることに抗議するカリフォルニアの芸術家グループが、この出来事を想起するために、ネバダ州の砂漠で核爆発を模した炎のパフォーマンスを行なった。
●hotwired

よくやってくれるよな。原爆雲に似せてるんでしょうが、すごい迫力です。

囚人の排泄物からバイオガス――ルワンダの刑務所
●hotwired

水洗で水に流してしまうのはもったない。日本もエネルギー問題のひとつとして、考えないといけないかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.20

モーターがない扇風機が登場?

日経デザイン・エクスプレス 2005/7/20 Vol.163

先日、ある企業から案内がありました。「モーターがない扇風機を開発しました。話を聞きに来ませんか?」。どうやって風を起こすのか不思議に思ってよく聞いてみると、どうやらモーター部を小さくしてファンの中に埋め込んだもののようで、これを使うと扇風機などを大幅に薄くできるそうです。
扇風機だけではなく、ファンを使うさまざまな製品にも応用可能とのこと。これまでぶ厚くて置き場所に苦労している空気清浄機も、これで大きくデザインが変わるかも!。

●日経デザイン・エクスプレス 2005/7/20 Vol.163


扇風機で話題を集めることは最近少ないなぁと思ったのです。全翼機のようにつばさだけの飛行機があるくらいですから、プロペラだけの扇風機もあってしかるべき。ほんまかいな。(^.^ゝ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.07.14

さぁ、告白しよう、、、。

右の、拡大を押して行こう。

そういうことで使う事もあるかも。しかし、どんなシチュエーションになるんだ?電車男か。

●背階で位置版黄身が透き

みんなよく探してくるね。ネット人としては花丸あげたいです。おつかれ~。(^.^ゝ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.29

TOTOが復活させた禁断の「黒」

 TOTOは2005年4月、人工大理石洗面カウンター「クリアクリスタルシリーズ」を発売した。同シリーズはTOTOが独自に開発したエポキシ樹脂を採用した素材を使った洗面カウンター。ガラスのように光を透過しながら、衝撃に強く、加工性が高いなどの特性を持つ。エポキシ樹脂特有の黄変が少なく、VOC(揮発性有機化合物)の発生抑制にも配慮していると言う。
●日経デザイン

TOTO黒い便器が出たのかと思いましたが、一歩手前の洗面場でした。(^-^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧