« December 2008 | Main | May 2009 »

2009.01.13

麻生首相、辞めないで

【安達正興のハード@コラム(No.1314)です。☆北欧移住者が日々世界を語る辛口コラム☆】

● 麻生太郎を応援します
麻生首相、支持率10%台に! ホー、国民から見放されましたか。にしてはよくがんばっておられる。そこで麻生支持の弁を作文しようと思う。実は麻生さんが首相になるのはとんでもない、大野伴睦や河野一郎が首相にならなかったのは自分がその器でないとちゃんと知っておられた。で首相に選ばれたからにはまっしぐらに邁進する義務があり、麻生さんの言『途中でなげだしたりしない』に、それじゃ応援しますからね。という気になったしだい。

【失言】
言葉のまちがい、未曾有をミゾユウと言ったなんてのは一笑しておしまいでよい。失言やいい間違いはブッシュのお得意、サルコジも不適切発言が多く、エリツィンときたら言う事やる事ハチャメチャだったが、だれにでもある偶発的なシクジリを捕らえてあげつらうメディアがあっても政治的に利用する批判はタチが悪い。またそれに踊らされる世論にハラがたつより情けない。

余談:ところで未曾有の読みについて、ラジオや大人が話しているのを聞いておぼえるわけですが、わたしはミゾーウ、あるいはミゾウウとも聞き覚えた。しかしひらがなにすると「みぞう」になってしまうところからいまではミゾウと発音するのが正しいと変わったのではないかと疑っていて、やや違和感がある。小生と麻生さんは同年である。生まれ育ちは、あちらがエエシの子でありこちらはどこの馬の骨でもないが、ミゾユウと言う同世代がいたことに正直おどろいた。

【定額給付金-】
全国的に人気がわるい措置に成り果てた。とくに支払いが年越してしかも来年になるなんてのは冗談もいいかげんにせいだわな。誰の責任ですか、みなさんツベコベいわずにくれるお金は貰っておけばいいものを、重箱の隅を突っつくような議論にウツツを抜かしているからで、麻生さんの失策ではない。ま、こういう納税者に均等に現金支給するのはブッシュの税還付金と同類で、効果的な経済政策ではもちろんないけれど、省庁のムダ遣いよりよっぽどマシでしょ。

この手の給付金は欧州で聞いた事がない。記憶を辿ると毛沢東が地方視察のおり地元民に生活用品を配ったり、金日成が小学児童にランドセルを贈ったりしたり、ちょっとした手みやげが撫民工作つかわれた。民は泣いて感激し、涙を浮かべ手を摺合わせて領袖さまを拝むのであった。いかんせん、麻生さんの給付金に泣いて喜ぶ日本人はいない。難癖つけるのが大好きな日本人を喜ばせる結果になった。だが、断じて首相の失政ではない。呉れるお金はゴッツアンでいいのだ。

【景気対策と消費税】
景気浮揚策を盛り込んだ本年度予算案は速やかに採決するべし。08年の二次補正予算もまだでしたっけ。オバマは超党派あの手この手のレトリックで上院/下院での早期成立を促している。オバマ批判はこのさい割愛するが、緊急経済対策に関わる予算のスピード成立は日米どこでも不可欠だ。早々に審議するべし。しかるに小沢さんはこれを政争の具にし、衆院解散を条件に予算案成立に協力するとおっしゃる。変節の人・小沢さんの言動経歴を想えばさもありなん小沢センスである。この人が「首相にふさわしい人」のトップになったんですって? さはあってならぬ世論。

●飽き性になった日本人
阿部少年をイジメ抜いて足を引っ張っり不登校に、慌てて首相にした角のない福田隠居をサボタージュして動きを封じ内ゴモりに、次の麻生ボーイに飽きて小沢が出来そうだといっせいにそちらを試したくなる日本人。ツマミ食い根性が日本の政治を軽くする。なんちゅう軽チャー、おっとこの言葉も古いか。(了)

|

« December 2008 | Main | May 2009 »